メールフォーム

2人のママ建築士によるMaM'sDesignが実例にもとづき、「子どものいる住まい」を対談形式で語ります。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



PageTop

フリールームのある家・その2・家族の変化【F邸・間取対談】


☆Miyu
フリールームのある家~Fさんの家、の間取対談2回目です。
その1の対談でlime+さんより「家族の変化」というお題を頂きました。
2人分の子供部屋プランなので、
もう一人子供が増えた場合、どんな風に子供部屋をリフォームしたら良いか
という質問に対して・・・
workr_w.jpg

Fさんの家の子ども部屋部分だけ、注目してみました。
この2階のふたつの子ども部屋は吹抜けを介して窓でつながっています。
今設計中の住まいでも同じような計画をしているのですが
この吹抜け部分にも将来的に床を張って部屋にできるような計画を
事前にしておくのです。
どうしても子ども部屋が3室必要になったときに対応できる計画。

具体的にどんな計画かというと・・・
吹抜け部分に、直に床を張っても良いような、梁を設けた構造にしておく。
コンセントや窓、照明の対応も考慮しておく。

吹抜けというゆとり空間も
必要になれば部屋に変化できる、と思っていたら
住まいの考え方にも、暮らしにも余裕ができてくると思います。
最初から、たくさん個室を用意していなくても・・・。
家って、そうやって変化するものだと考えて良いと思うのですよね。

次はlime+さん、このFさんの家の中で
子どもの成長、家族の生活スタイルの変化に合わせて
暮らし方を変化させる、ほかの方法について何か教えてもらえるかな?


★lime+
お返事遅くなってごめんなさい。
子供が3人になった時、どうするかについてまずは、私の回答を。
miyuさんの言うように、あらかじめ梁を渡す構造にしておいて
吹抜を部屋にするのがいいと思います。
201010002.jpg
ただ、やはり、リフォームにはお金がかかるもの。
費用的な部分も考えると、少しでも少ない費用ですめばもっといいかな・・・と思ったので、
こんな案も考えてみました。
201010003.jpg
もともと広かった6帖の方の部屋を少し広げて8帖にし、二人で使う部屋とします。
クローゼットももともと広かったので、2人で使ってもいいかなと思います。
これなら、少しの費用ですむかなと。。。


もう一歩突き詰めていくと、屋根のかけ方に工夫しておいて、
ロフトスペースを子供たちの個々のスペースとするという方法もあると思います。
miyuさんはロフトを生かした子供空間について、ひとつ提案してもらえますか?

家族の形態にあわせて、柔軟に対応できる間取りにしておくことって、
結構見落としがちですが、家族は日々変化しておくものなので、とっても大切ですよね。


☆Miyu
いろんな状況に応じて、空間の使い方を変化させる。
その柔軟性はとても大事ですね。
今日フェリシモのしあわせの学校オープンクラスを開講してきました。
そこでも、家族の将来像をイメージすること、をテーマにしましたが
思い描く将来像と同じにならなくても、柔軟に変化に対応できる空間ってどんなものか。
Scan0016.jpg

これは前回lime+さんが「あまりコストをかけないリフォーム」
というキーワードを書かれていたので提案。
もともとの主寝室のウォークインクロゼットは簡易なもの
(撤去可能な壁、造作家具など)にしておいて
元の主寝室を二人の子どもで使うという方法です。
その時、二人の子ども部屋から使えるロフトを事前に設けておいたら良いかも。

子ども部屋に移動した主寝室は収納が不足すると思われるので
こちらも事前にロフトを設けておきます。

こんな変化を何通りか事前に用意しておくと
家族の生活スタイルの変化に対応した暮らし方ができますよ。
Scan0016-1.jpg

ロフトを使った個々の子ども空間
ということなので、ひとつ。

この間取だとお子さん4人まで対応可ですね♪
ロフトに沿わせて2段ベッドを置き
上のベッドのお子さんはそのままロフトに上がれます。
下のベッドのお子さん用のはしごはベッドサイドに設けています。
二人で一部屋、でも自分だけの「特別」な空間があると思います。

2段ベッドを設けず、ロフトを4つに区切って寝るスペースに変えると
自分だけの空間をロフト内に設けることが可能です。

また、ロフトからワークコーナーを覗く窓も設けると
風も循環しますし、空間のつながりを楽しむことができると思います。
P7170030.jpg

私が設計した「家族が集う家」では
家族のワークスペースからロフトに上がるスタイルをとっていますが
ロフトの上がり口である部分から
ワークスペースにいる兄弟を見下ろす
お子さんの様子がイメージできるのではないでしょうか。


今回は「子どもの人数が2人から3人に増えた」という状況を想定して
家族の変化にともなう、空間の変化を考えてみましたが
次の記事では、子供が独立して、夫婦二人になった・・・
という家族の変化についてlime+さん、よろしくお願いします!!


にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ ← 最後まで読んでくださってありがとうございます。ぽちっとよろしく。

  
※ ・ ※ ・ ※ ・ ※ ・ ※ ・ ※ ・ ※ ・ ※ ・ ※ ・ ※ ・ ※ ・ ※
つくる 家、暮らし。「MaM's Design」ホームページ → http://mamsdesign.web.fc2.com/
MaM's Designの最新情報ブログ → http://ameblo.jp/mamsdesign/
※ ・ ※ ・ ※ ・ ※ ・ ※ ・ ※ ・ ※ ・ ※ ・ ※ ・ ※ ・ ※ ・ ※

スポンサーサイト



PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。