メールフォーム

2人のママ建築士によるMaM'sDesignが実例にもとづき、「子どものいる住まい」を対談形式で語ります。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



PageTop

家を建てるタイミング。


こんにちは。MaM's Designマリ建築士です。

ここのところ、来週火曜日に最終となる「ファブリックパネルを創りましょう」のイベントの話でもちきり。
このイベントも最後かと思うと何だか寂しいです。

昨日は、みゆう建築士が大阪の会場となる阿倍野区民センターの紹介をしてくれました。
大阪に参加していただくみなさん、楽しみにしていてくださいね。

今日は、先日のイベントで質問がありました「家を建てるタイミング」についてお話したいと思います。

P123.jpg

家を建てるタイミングはそのご家族によって、本当にさまざまだと思います。


まぁ、一番多いなと思うのは、

子供が生まれて、そろそろ家でも・・・。的な感じでしょうか。
動物は子供が生まれると「巣作り行動」をするといいます。
人も、やっぱり同じなんだな~と思いますね。
子供を育てる環境はやはり、自然があったほうがいいとか、近くに公園があったほうがいいなとか
いろいろと思うもんですよね。
家族のこれからの姿がなんとなく描けるので、家の計画も進みやすいなと思います。

子供が大きくなって、小学校にあがるまでがリミットって考えている方も多いと思います。
引越しなどで、小学校を転校するなんてことは極力さけたいですしね。



次に多いなと思うのが、

子供が独立したし、家も老朽化しているし、建替えようかというもの。
老後のことも考えて、ベリアフリーにもしときましょう。なんて計画も。




ほかにも、
結婚する時に。 おばあちゃんと同居するから。 家が老朽化しているから。

本当に人それぞれですが、

何にしても、人生の節目に家を建てることが多いですよね。

家の計画は数年先の未来を想像しないとできません。
とりあえず、10年先くらいのイメージがあると計画がすすみやすいですね。
その先の未来には何が起こるかわからないので、いろいろなケースを想定して、のちのち手を入れやすいように、ある程度可変できるように計画しておくことも、家を永く住み継いでいく知恵だと思います。

普段の生活の反映+これからの生活の反映
家づくりって本当に奥が深いものです。
実にいろいろなシーンを思い描きながら計画を進めていくんですよ。

いろいろな方の家づくりのお手伝いができればいいなと思っています。




にほんブログ村 住まいブログへ e_03.gif
29
今日も読んでくれてありがとう!ぽちっとして頂けると励みになります!


(マリ)  
--------------------------------------------------------------------

■ イベント告知 ■

MaM's Cafe~暮らしを楽しむ
第1回、第2回 ファブリックパネルを創りましょう  を神戸にて開催しました。
第3回 ファブリックパネルを創りましょう  を大津にて開催しました。
第4回 ファブリックパネルを創りましょう  を京都にて開催しました。
MaM's Designのホームページで開催報告、参加者からのお便りを掲載しています。


第5回 ファブリックパネルを創りましょう in大阪
【日時】 2008年10月28日(火)13:10~15:30
【開催場所】 阿倍野区民センターアトリエ兼工作室 (阿倍野区民センター 1F)
※大阪開催は、定員に達しましたので申し込みを締め切りました。(2008年10月8日)
キャンセル待ちが出たら参加したい!という方はご連絡下さいね。


詳細は、MaM's Designホームページ、「MaM's Cafe」のページをご覧下さい。

--------------------------------------------------------------------

MaM's Design news!
リフォームで古きよきものを生かす」、今週のコラムをUPしました。(08/10/14)

「家づくり」って難しそう・・・ 子供がいても、ステキな暮らしがしたいな・・・
そんな思いを抱いている方たちのために、2人のママ建築士によるMaM's Designでは
「女性」「母」「主婦」という視点を元に、楽しく分かりやすい「住まいづくり」を紹介します。

マムズデザインバナー2 ←MaM's DesignのHPです。よろしく!


スポンサーサイト



PageTop

コメント



管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。