メールフォーム

2人のママ建築士によるMaM'sDesignが実例にもとづき、「子どものいる住まい」を対談形式で語ります。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



PageTop

「お客さんを招待しやすい家」~みゆう建築士より


MaM's Designみゆう建築士です。


お客さんを招待しやすい家ね・・・。
基本的にはその家族がお客様を招待するのが好きか否か
というのが一番大きいと思いますが
ここはあくまでも住まいの空間だけ限定して考えてみます。


3.jpg  



家族からの視点で言うと・・・

プライベートな部分、生活感、をお客様に見せないで済むこと、かな。


特に子育て中の母としての視点になると
具体的に、洗濯物(物干し、洗濯機など)とか
赤ちゃんのオムツストックとか
普段子供が遊んでいるおもちゃとかを
すっきり見せずに済む家だったらお客さんを招待しやすい気がします。

子供のお友達が来たら、さっとおもちゃが出せるけど
帰るときにみんなでさっとお片づけして
あ~、キレイに片付いたね!と言える収納があったら
子供のお友達も、ママ友も招待しやすいですよね。
これは招待される側も同じ気持ちでしょう。



あと、MaM's Designのホームページ、「自立を促す空間」
で取り上げていますが、
子供ってまず帰宅したら、またお友達の家に上がったら手を洗いますよね。
手洗いコーナーが洗面所の外、トイレの外、玄関などに設けられているといいな~と思います。


お客さんの立場になった場合でも
家族のプライベートな部分に入れてもらうのって躊躇しますもん。


これは特に子育て中の母としての意見ですね。


そうそう、お客さんを招待しやすい、しにくい「内装・建材」ってあると思いません?
例えば「コーヒーこぼしちゃった!」のが
薄い色のカーペットの上だったとか・・・。
その後家の人もお客さんも気まずくなりますよね。

そんな視点でマリ建築士はどんな意見をくれるかな~?



にほんブログ村 住まいブログへ e_03.gif
29
今日も読んでくれてありがとう!ぽちっとして頂けると励みになります!

(みゆう)  
--------------------------------------------------------------------
MaM's Design news!
■ イベント ■
MaM's Cafe~暮らしを楽しむ を開催しました。次回イベントも企画中!
第1~5回、7回:ファブリックパネルを創りましょう  第6回:冬のフェルトモビールづくりとインテリアのお話会
第8回:冬のフェルトモビールづくりと「子供のいる住まいづくり」のお話会

MaM's Designのホームページで開催報告、参加者からのお便りを掲載しています。

■ colomn ■
子供のおもちゃの収納」、今週のコラムをUPしました。(09/01/06)

マムズデザインバナー2 ←MaM's Designのホームページ : http://mamsdesign.web.fc2.com/

「家づくり」って難しそう・・・ 子供がいても、ステキな暮らしがしたいな・・・
そんな思いを抱いている方たちのために2人のママ建築士によるMaM's Designでは、
「女性」「母」「主婦」という視点を元に、楽しく分かりやすい「住まいづくり」を紹介します

スポンサーサイト



PageTop

コメント



管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。