メールフォーム

2人のママ建築士によるMaM'sDesignが実例にもとづき、「子どものいる住まい」を対談形式で語ります。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



PageTop

家族が集まる空間、その目的と空間~マリ建築士より


MaM's Designマリ建築士です。

いやぁ~、早速、MaM's Cafe~暮らしを楽しむ~の京都開催のの申し込みがありました!
嬉しい限りです。

MaM'sDesignのHPでは、子供のいる住まいづくりや家づくり、家にまつわるコラムなどを紹介していますが、少しずつ、改良中。
その手始めとして、MaM'sDesignのbusiness contents(業務内容)をトップページに配置!
ビジネスっぽい感じが、気に入っています。

MaM'sCafeのページも写真などを追加!
よりよく、成長していければなと思っております。

ぜひ、ご覧下さいね!

P1030222.jpg

さて、先日のみゆう建築士の「家族が集まる空間、その目的」のお話に対して、
「家族が集まる空間、その目的と空間」として、書いてみたいと思います。

みゆう建築士がいうように
集まるには、目的があります。

同じ目的か、異なる目的か・・・

食事などは家族全員でするから、同じ目的です。
一緒にテレビを見よう!とか、ゲームをしようという場合もあるでしょう。

でも、実際生活の中で、時間的に考えてみると、家族全員が同じ目的をもって集まることのほうが少ないのではないかと思います。

同じことをしていなくても、一連の空間に居る。

例えば、
休日の朝、パパは新聞を読んでいて、ママは朝ごはんを作っている。
お兄ちゃんは、TVを見ていて、妹はおもちゃで遊んでいる・・・
みたいな感じです。


空間で考えると、
パパ・・・ダイニング
ママ・・・キッチン
お兄ちゃん・・・リビング
妹・・・リビング
にいるとします。

それぞれが独立した部屋になっている場合、一緒にいる=集まっているとは言わないですよね。
これが一体になったLDKだとすると、一緒にいる=集まっている と言うことになります。

簡単に言えばそういうことです。

同じことをしていなくても、一連の空間に居る。
「一連の空間」と書いたのは、これが、LDKでなくてもいい ということです。
例えば、
リビングと子供スペースが繋がっていてもいいし、ファミリー書斎などと繋がっていてもいい。

odoriba.gif

そこに求められるのは、個室に行かないとできないことを極力少なくすることだと思います。

その上で、
自然に、家族が一緒にいられるような空間のつながりや仕掛けを作ることが重要です。

空間のつなげることで、リビングの境界線はあいまいなものとなると思います。
ん~、文章で書くのは難しい・・・。
それってどんなんよ~って思った方は、おすすめ空間を見ていただけると分かりやすいかな~


MaM'sDesignのHP「子供のいる住まいづくり」の「家族が共に過ごす」で
あいまい空間について書いていますので、ぜひご覧下さいね!

一緒の空間にいるとお互いが感じることは、安心感にもなります。
そして、コミュニケーションがとれる環境にあるということでもあります。
そして、 「対話する家」になっていくのじゃないかな~と思いますよ。

どうですか?みゆうさん。



にほんブログ村 住まいブログへ e_03.gif
29
今日も読んでくれてありがとう!ぽちっとして頂けると励みになります!

(マリ)  
--------------------------------------------------------------------
MaM's Design news!
■ イベント ■
MaM's Cafe~暮らしを楽しむ
第9回:冬のフェルトモビールづくりと「子供のいる住まいづくり」のお話会in加古川
2009年1月26日(月)13:00~15:00 JR加古川駅付近にて開催決定!!


第10回:冬のフェルトモビールづくりと「子供のいる住まいづくり」のお話会in京都
2009年2月17日(火)10:00~12:00 京都アバンティ9F会議室 にて開催決定!!


第1~5回、7回:ファブリックパネルを創りましょう  第6回:冬のフェルトモビールづくりとインテリアのお話会
第8回:冬のフェルトモビールづくりと「子供のいる住まいづくり」のお話会
を開催しました。次回イベントも企画中!

MaM's Designのホームページで開催報告、参加者からのお便りを掲載しています。

■ コラム ■
子供の生活習慣に合わせた収納」、今週のコラムをUPしました。(09/01/19)

■ 資料請求 ■
「HPのトピックを集約した冊子」+「暮らしのイメージノート」+「作品集」をお届けします。
ご希望の方はご連絡ください。  詳しくはMaM's Designホームページの「業務内容」

マムズデザインバナー2 ←MaM's Designのホームページ : http://mamsdesign.web.fc2.com/

「家づくり」って難しそう・・・ 子供がいても、ステキな暮らしがしたいな・・・
そんな思いを抱いている方たちのために2人のママ建築士によるMaM's Designでは、
「女性」「母」「主婦」という視点を元に、楽しく分かりやすい「住まいづくり」を紹介します

スポンサーサイト



PageTop

コメント



管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。