メールフォーム

2人のママ建築士によるMaM'sDesignが実例にもとづき、「子どものいる住まい」を対談形式で語ります。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



PageTop

夏休みの子供の安全~神戸より


神戸のママ建築士みゆうです。

神戸・都賀川で水難事故が起きました。
近所というほどではなくても、生活圏内でよく知る場所であったことと
川付近で遊んでいた子供たちが被害にあったと聞いて辛いです。

ご冥福をお祈りします。



このニュースを聞く少し前、うちのマンションも今日の大雨の影響で地下が浸水し
管理人さんがフォローしてくださったという話を聞いたところでした。

我が家は来年から息子が小学生。
子供同士で公園で遊ぶことも増えるでしょうし、学童にも入るかもしれない。
今は保育園にお世話になっているけど、来年から夏休みはどうしようか・・・と悩んでいたので
働く母は子供の安全をまた、より深く考えないといけないなと感じた事故でありました。
いつも子供が遊ぶ公園も同じように六甲山から流れる川に面しているので、
今日は念入りに「川遊びの危険」を説明しましたよ。



話は少し変わって、今夏休み中ですし、
子供をどのように過ごさせるか悩んでいるママさんは多いはず。

日中は熱中症が怖いから外遊びも控えたいけど、家の中では物足りなさそう・・・。

小学生くらいになると、お友達と一緒に遊んだりプールに通ったりしてるようですが
幼稚園児の夏休みはママたち本当に大変そうですよね!




プールそこでよく聞くのが「おそとでビニールプール」です。

マンションやアパートに住む方も、みなさんやっているらしいですね。


親の手助けがなくても水遊びができるようになると、
子供を遊ばせておいて親は家事・・・
なんて状況も少なからずあると思いますが
家づくりをするときに、
キッチンやリビングから子供が遊ぶ庭をしっかり眺められ
危ない状況になったときにすぐに外に出られるドアや窓などにしておくとよいと思います。

また、「ビニールプール」を出す庭やバルコニーなどは、
排水がしやすい処理や、滑りにくい床面にすると良いですね。
水がたまると滑りやすくなりますし、裸で転倒すると大変な怪我になることもありますから。

おまけにその付近に蛇口を持ってくることをお忘れなく。
ながーいホースで水を引いてくるのは大変ですからね。


それ以外も、子供が家の中で過ごす時間が長くなるので、子供と安全への配慮が大切ですよね。

MaM's Design(マムズデザイン)のホームページでも「子供の安全」と住まいの話などを紹介した
「子供のいる住まいづくり」というテーマをとりあげています。
これを見て、子供と過ごす夏休みの安全を考えてみてくださいね。



e_03.gif ←FC2ブログランキングに参加中!今日も読んでくれてありがとう!

マムズデザインバナー1 ← MaM's Design HP よろしくね!


みゆう
スポンサーサイト



PageTop

コメント



管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。