メールフォーム

2人のママ建築士によるMaM'sDesignが実例にもとづき、「子どものいる住まい」を対談形式で語ります。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



PageTop

洗面所こそ、希望を伝えて計画を~みゆう建築士より


MaM's Designみゆう建築士です。

マリ建築士の前回の記事を見て思い出しました。
そうそう、建売の戸建住宅のプランなどを見ると

「洗面所=一坪、洗面化粧台と洗濯パンつけておきました」
・・・それで終了

というプラン多いですよね。

以前遠方に住む友人に「図面見てアドバイスもらっても良い?」
と頼まれたのでプランを見せてもらったのですが
結構広い洗面所なのに、
何、この使い勝手の悪さ・・・無駄に広い!?
と思ったことを思い出しました。 (こっそりアドバイスしておきましたよ。)


CA390054.jpg
こちらはミニー様の家の化粧台。さすが~オンナゴコロをつかんでいるらしい。


洗面所も家族の人数に応じて洗面ボウルを多く設けたり、
女性が多ければ化粧品などを置くスペースを多く設けたり
子供が多ければ脱衣スペースを広めに設けたり・・・

その家族に応じたプラン、使い方があるのです。

収納もタオルを入れたいか、衣類を入れたいか、
洗濯用品を入れたいか・・・
とメインに入れるものによってその形状、奥行、大きさなんかも変わってきます。


あと、洗面化粧台も住宅設備機器メーカーのものがたくさん出ていますが
便利そう!と思わせる余分な機能も多いです。
キッチンも同じことが言えるのですが、水周りは余分な扉や余分な機能が多いほど、
手入れが大変、お掃除がしにくい、と感じるのですが。(ズボラ主婦は・・・)
私は余分な機能を削ぎ落として
その分、別にしっかりと収納を設けた方が良いと思います。


実は、今、使いやすい洗面所の計画中。
洗面所の収納を多く、使いやすく設ける最良の方法を検討中です。
風通しもよく、光も入れ、窓の防犯も考える・・・。


洗面所=一坪、で終了ではないですよ!!


そうそう、確かに衣類を他の階に置く住まいでは
洗面所に下着などを置きたいのでしょうね。


それでは、次は子育てと関わる洗面所・水周りのチェックポイントなんかを書いてもらえるかな~?
マリさん、よろしく。





にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ ← ぽちっとして頂けると励みになります!

(みゆう)  
--------------------------------------------------------------------
MaM's Design news!
■ イベント ■
MaM's Cafe~暮らしを楽しむ

第10回:冬のフェルトモビールづくりと「子供のいる住まいづくり」のお話会in京都
2009年2月17日(火)10:00~12:00 京都アバンティ9F会議室 にて開催決定!!


第1~5回、7回:ファブリックパネルを創りましょう  第6回:冬のフェルトモビールづくりとインテリアのお話会
第8、9回:冬のフェルトモビールづくりと「子供のいる住まいづくり」のお話会
を開催しました。次回イベントも企画中!

MaM's Designのホームページで開催報告、参加者からのお便りを掲載しています。

■ コラム ■
子供の生活習慣に合わせた収納」、今週のコラムをUPしました。(09/01/19)

■ 資料請求 ■
「HPのトピックを集約した冊子」+「暮らしのイメージノート」+「作品集」をお届けします。
ご希望の方はご連絡ください。  詳しくはMaM's Designホームページの「業務内容」

マムズデザインバナー2 ←MaM's Designのホームページ : http://mamsdesign.web.fc2.com/

「家づくり」って難しそう・・・ 子供がいても、ステキな暮らしがしたいな・・・
そんな思いを抱いている方たちのために2人のママ建築士によるMaM's Designでは、
「女性」「母」「主婦」という視点を元に、楽しく分かりやすい「住まいづくり」を紹介します

スポンサーサイト



PageTop

コメント



管理者にだけ表示を許可する
 
洗面ボウル

洗面ボウル一つで雰囲気がガラっと変わりますよね。

洗面ボウル | URL | 2009年06月14日(Sun)11:46 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。