メールフォーム

2人のママ建築士によるMaM'sDesignが実例にもとづき、「子どものいる住まい」を対談形式で語ります。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



PageTop

2世帯住宅の設備


P101079600.jpg

MaM's Designマリ建築士です。

気がつけば、もう4月ですね。
さて今日は、2世帯住宅の設備について、書きたいと思います。

2世帯住宅の場合、水道や電気、ガスなどはコストがかかっても、できるだけ別々にすることをおすすめします。
一緒にすると光熱費のことで、問題がおきるかもしれません。

「電気代が高すぎる」とか、
「うちは節約している」のに
とかという風な具合にです。

あとあと起こりえる問題を想像してできるだけ、避けたほうがよいと思います。

オール電化にする場合は、エコキュートや温水器が結構場所をとるので、注意が必要です。

全体の設備計画としては、
上下階、または横並びに世帯を分ける場合でも、水周りは固めた方がよいでしょう。
給水・給湯の箇所数が多くなると、配管経路なども難しくなりがちです。

また、お風呂・洗面所(特に洗濯機置き場)・トイレは音が発生するので、
上下階、隣接する部屋への影響があるので、計画の際は注意が必要です。
親世帯が寝た後に、子供がお風呂に入ったりして、眠れないということも十分予想できますしね。
(また、逆も・・・)
どうしても、うまくいかない場合は、寝室を防音にするということも必要かもしれません。

いずれにしろ、ライフスタイルの違う世代が生活するのですから、
音の問題は十分気をつけたほうがよいといえるでしょう。

みゆうさん、設備について何か他にありますか?
なければ、 「共有できる空間」について考えて見たいです。

ただ単に2つの家がくっついたのではなく、共用空間をもつことでお互いに豊かになれることもあるのではないかなと思うのですが・・・。




にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ ← 最後まで読んでくださってありがとうございます。


(マリ)  
--------------------------------------------------------------------
MaM's Design news!
■ イベント ■
第13回:「子供のいる住まいづくり」のお話会+カーテンタッセル作り
神戸にて開催検討中

第1~5回、7回:ファブリックパネルを創りましょう  第6回:冬のフェルトモビールづくりとインテリアのお話会
第8、9、10回:冬のフェルトモビールづくりと「子供のいる住まいづくり」のお話会
第11、12回「デザインもコストも諦めない!!」タッセル制作とローコスト住宅のお話会
を開催しました。次回イベントも企画中!

MaM's Designのホームページで開催報告、参加者からのお便りを掲載しています。

■ コラム ■
人が集まる家にしたい!~客間は必要?(2)
今週のコラムをUPしました。(09/03/05)


■ 資料請求 ■
「HPのトピックを集約した冊子」+「暮らしのイメージノート」+「作品集」をお届けします。
ご希望の方はご連絡ください。  詳しくはMaM's Designホームページの「業務内容」

マムズデザインバナー2 ←MaM's Designのホームページ : http://mamsdesign.web.fc2.com/

「家づくり」って難しそう・・・ 子供がいても、ステキな暮らしがしたいな・・・
そんな思いを抱いている方たちのために2人のママ建築士によるMaM's Designでは、
「女性」「母」「主婦」という視点を元に、楽しく分かりやすい「住まいづくり」を紹介します

スポンサーサイト



PageTop

コメント



管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。