メールフォーム

2人のママ建築士によるMaM'sDesignが実例にもとづき、「子どものいる住まい」を対談形式で語ります。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



PageTop

設計の仕事 ”家づくりをはじめよう”から 


sekkei.jpg

こんにちは。MaM'sDesignのマリ建築士です。

にほんブログ村 住まいブログへ e_03.gif
29
今日も読んでくれてありがとう!


今日は、私たちの仕事である 設計 について書きたいと思います。

MaM’sDesignのHPのテーマに「家づくりをはじめよう」というものがあります。
その中で、”パートナー探し”(設計を誰に頼む?)というトピックがあり、
工務店、ハウスメーカー、設計事務所について書いています。





私たちは設計事務所。(池田デザイン室みゆう設計室

設計事務所といえば”建築家!”のようなちょっと近寄りがたいイメージを持っておられる方も多いかもしれませんね。
確かにほとんど芸術家のように建築をデザインする方もいらっしゃるとは思います。



しかし、家 というものは住み手が居てこそ存在する 建物です。

「家は第3の皮膚である。」という言葉がありますが、

住む人の暮らしの入れ物として、その家族にフィットしてなければいけません。




”住む人の暮らしの入れ物として、その家族にフィットする家”

をデザインするのが

設計の仕事であります。

図面を描く技術や経験、プレゼンテーションの方法、現場を監理する、など私たちの仕事に必要なスキルはいろいろとありますが、何よりも重要なのは、

住む人の生活を(現在も未来も含めて)捉えること

        と

空間を創造する力


なんだと、ワタクシは勝手に思っております。

だから、設計って業務のプロとして、日々勉強です。。。。


家は同じ敷地でも、設計する人によって、全然違う家になります。
当たり前のことのようですが、住みよい家になるか、そうでないかというのは

パートナー探し=誰に設計を頼むか

で違うのです。


この第一歩がとても重要なのですから、このパートナー探しに妥協はあってはならないんです。

知り合いが業者だから断れない・・・。とか
親戚はみんな同じ工務店に頼んでるし・・・・。とか


いろいろとご事情はあるかと思いますが、

結局、 家は自分たちでつくるもの。 なんです。

MaM’sDesignの私たち二人はものづくりが大好き、でこの世界に入りました。
そこで、住むひとの笑顔がみられる家づくり をお手伝いすることが喜びです。
↑宣伝?に見えるかもしれませんが本心、本心ですよ~


(マリ)



「家づくり」って難しそう・・・ 子供がいても、ステキな暮らしがしたいな・・・
そんな思いを抱いている方たちのために、2人のママ建築士によるMaM's Designでは
「女性」「母」「主婦」という視点を元に、楽しく分かりやすい「住まいづくり」を紹介します。

マムズデザインバナー2 ←MaM's DesignのHPです。よろしく!


スポンサーサイト



PageTop

コメント



管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。