メールフォーム

2人のママ建築士によるMaM'sDesignが実例にもとづき、「子どものいる住まい」を対談形式で語ります。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



PageTop

my home bookで見直すこと


20100350.jpg

今日は「my home book」のトピック
2の「今の暮らしを見直す」についてお話したいと思います。
2010m0405.jpg

家を建てるときや、リフォームをするとき、またインテリアを改善したいとき、
ベースになるのは、今の暮らしです。
建築のプロである私たちも、やはり自分が育ってきた家や住んでいた家での経験が
ベースになっています。

自分の経験ひとつひとつを記録していくことで、
今住んでいる家のどこがいいいのか?
または、どこに問題があるのかを把握していくことができます。

2010m0406.jpg


問題点は比較的、すぐに出てきます。
「洗面所が湿気っぽい」
「玄関に靴の収納が少ない」

「リビングが子供のおもちゃでごちゃごちゃしている」などなど

でも、いい点はなかなか見つかりにくいもの。
「庭の景色が見えるリビングの窓辺が好き」
「みんなで囲むダイニングは気に入っている」
など

問題点を改善し、いい点をもっとよくする
ことで、住まいの魅力を増して行くことができます。
(新築の方は、そのポイントがクリアされているかという視点で
住まいの計画を検証していきましょう。)

どのように改善していくかは、その後のステップで探していくことになります。

どうして、いい点も挙げるのか?
それは、こんな理由があります。
問題点は建物の原因である場合や収納関係のことが多いと思います。
このことばかりに着目すると、テンションも下がりがち・・・。
いいところをもっとよくするには、悪いところを改善することが自然と視野に入ってきます。

楽しんで、住まいをつくること
 が私たちの最も大切にしていることです。


ところで、「my home book」を綴る講座
女性建築士に聴く住まいづくり講座 しあわせを感じる空間づくり
の締め切りが少しずつ迫ってきました!

日時:5/20(木)・5/29(土)13:00~15:00
会場:llenoノート展示室(京都市上京区)
です。

llenoさんでは「my home book」をネット販売していただいていますが、これがかなり好評で
とってもうれしく思っています。
私たちのアドバイスの元、「my home book」を一緒に綴りましょう!
ほかの人がどんなことを書いているのかを知るのも、とても楽しい時間です!
「今すぐでなくても、将来 家が欲しいな~」
「今の住まいをなんとか、スッキリさせたい!」
そんな方は、ぜひおいでくださいね!

お申し込みはコチラへ!→フェリシモ幸せの学校
※MaM'sDesignでは受け付けておりませんのでご注意ください。


希望があれば、午前中に新築相談会も計画中です。
「新築相談してみたい!」という方は、左のメールフォームからお問い合わせください!
(※こちらの相談会は、MaM'sDesignに申し込みください。)

にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ ← 最後まで読んでくださってありがとうございます。ぽちっとよろしく。

(マリ)  
--------------------------------------------------------------------
MaM's Design news!

「家づくり」って難しそう・・・ 子供がいても、ステキな暮らしがしたいな・・・
そんな思いを抱いている方たちのために2人のママ建築士によるMaM's Designでは、
「女性」「母」「主婦」という視点を元に、楽しく分かりやすい「住まいづくり」を紹介します

■ MaM's Cafe イベント ■
☆フェリシモしあわせの学校 春のオープンクラス開講!!☆
女性建築士に聴く住まいづくり講座 しあわせを感じる空間づくり
日時:5/20(木)・5/29(土)13:00~15:00 会場:llenoノート展示室(京都市上京区)

☆つくること、暮らすことの木のデザイン時計☆
つくること、暮らすことでMaM's Designが手がけた木の時計販売中! → コチラ


■ 資料請求 ■
「HPのトピックを集約した冊子」+「暮らしのイメージノート」+「作品集」をお届けします。
ご希望の方はご連絡ください。  詳しくはMaM's Designホームページの「業務内容」



スポンサーサイト



PageTop

コメント



管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。