メールフォーム

2人のママ建築士によるMaM'sDesignが実例にもとづき、「子どものいる住まい」を対談形式で語ります。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



PageTop

ファブリックパネルイベント京都会場へ返信


MaM's Designみゆう建築士です。

マリ建築士が京都会場の紹介をしてくれたので
ファブリックパネルを創りましょう、イベントの会場について私も書きたいと思います。


CA391108.jpg

大津会場の近くから見た琵琶湖で~す!

私、みゆうにはとても縁のある街、大津なのですが
まさかマムズカフェの第3回を大津で開催することになるとは
思ってもいませんでした。
声をかけてくださったNさん、本当にありがとうございます。

会場の部屋は使用中だったにも関わらず
使われていた方たちの好意で見せていただくことができ
(さすがに写真はとれませんでしたが・・・)
たった一度視察に行って、会場を決めることができました。


みゆうにとって、がある、というのは
学生時代に京都からみんなで遊びに行ったり
就職活動の時にこちらにいた先輩に就職相談に来たり
そして、仕事で大津の住宅を設計担当したこともあったりしたので
自分にとってのいろんな場面で訪れている場所なんですよね。

そんな場所で、大津のみなさまと
楽しい時間を過ごせること、今からワクワクしております!



CA391112.jpg  
こちらは文化パルク城陽!


そして、前回の記事でマリ建築士が書いてくれたように
京都会場となった文化パルク城陽は
私たちの恩師のデザインなんですよね。

やっぱりこういう空間たのしいわ~
この空間はちょっと無理あるんちゃう?(これは内緒か・・・)

な~んて話しながら施設の中を楽しんで歩いた私とマリ建築士。
結局楽しませてくれるんだから、「やるな!」と思わせてくれる建物ですね。

私たち二人はこの恩師のゼミに入ることで親しくなりました。
その二人で、この会場でイベントをしようとしていることを考えると
やっぱり縁なんだな~、と感じてなりません。


写真の子供が遊べる施設ですが
学生当時オープン前に行ったとき遊びた~い!と感じた場所でした。
やっぱり子供たちが元気に遊んでいる笑顔をみて
愛される建築を作りたい!という気持ちが高まった一日でした。



大阪会場については、大阪での開催を提案してくれた友人Mちゃんが手配してくれました。
こちらについても、後日、紹介できたら良いなと思っています。



にほんブログ村 住まいブログへ e_03.gif
29
今日も読んでくれてありがとう!ぽちっとして頂けると励みになります!


(みゆう)  
--------------------------------------------------------------------

■ イベント告知 ■

MaM's Cafe~暮らしを楽しむ
第1回、第2回 ファブリックパネルを創りましょう  を神戸にて開催しました。
MaM's Designのホームページで開催報告を掲載しています。

第3回 ファブリックパネルを創りましょう in大津
【日時】 2008年10月17日(金)12:40~15:00
【開催場所】 大津市男女共同参画センター 多目的室


第4回 ファブリックパネルを創りましょう in京都
【日時】 2008年10月21日(火)13:10~15:30
【開催場所】 文化パルク城陽 第4会議室B(西館3F)


第5回 ファブリックパネルを創りましょう in大阪
【日時】 2008年10月28日(火)13:10~15:30
【開催場所】 阿倍野区民センターアトリエ兼工作室 (阿倍野区民センター 1F)


詳細は、MaM's Designホームページ、「MaM's Cafe」のページをご覧下さい。

--------------------------------------------------------------------

MaM's Design news!
リフォームの落とし穴」、今週のコラムをUPしました。(08/10/01)

「家づくり」って難しそう・・・ 子供がいても、ステキな暮らしがしたいな・・・
そんな思いを抱いている方たちのために、2人のママ建築士によるMaM's Designでは
「女性」「母」「主婦」という視点を元に、楽しく分かりやすい「住まいづくり」を紹介します。

マムズデザインバナー2 ←MaM's DesignのHPです。よろしく!


スポンサーサイト



PageTop

コメント



管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。